アトピー 掻きむしり 色素沈着

picture
息子は赤ちゃんの時からアトピーと診断され、それからアトピーとは長い付き合いです。

 

今は小学生になり、大分アトピーはおさまってきました。小さいころは、生後3カ月の段階で既に弱いステロイドが処方され、それから弱いとはいえずっとステロイドを塗っています。

 

私はステロイドには抵抗があり、何とかステロイドなしにすることはできないかと、一時ステロイドをやめたことがありました。

 

ですが、やはりステロイドがないと、ものすごく痒いようで、このステロイドをやめていた期間は汁が出るほど掻きむしっていました。

 

痒すぎて眠れなくなってしまったので、またステロイドに戻しました。そして、その掻きむしったころのものなのか、息子のお尻に色素沈着があります。

 

1個ではなく、大きな色素沈着が幾つもあるので、水玉模様のようになっています。

 

小学校では宿泊体験があるので、お風呂に入った時に友達に何か言われるのではないかと心配になりました。

 

そこで、このアトピーによるお尻の色素沈着を治すことにしたのです。

 

色素沈着を治すにあたって強い薬は使いたくありません。

 

そこで、私がシミの時によく使うカスターオイルを使って色素沈着をとってみることにしたのです。

 

お風呂上がりにカスターオイルと重曹をまぜたものをお尻の色素沈着している部分に塗っていきます。

 

そして、その上からコットンでふたをしておきます。そうやって寝て、朝になったら、そのコットンを外しました。これを毎日塗っていると色素沈着の部分がどんどん濃くなってきます。

 

これで濃くなったから悪化したと思ってやめてしまうと、もったいないことになってしまいます。

 

そこをぐっと我慢して1週間経つと、その色素沈着の部分の皮がぺろっとむけるのです。

 

そうすると、そのむけた皮にシミがついています。お尻のところはどうなっているかというと、色素沈着はきれいにとれています。

 

たくさんある色素沈着はきれいになりました。

 

とるまでの間はコットンだらけで大変なことになっていましたが、きれいに治ってよかったと思っています。

 

アトピー持ちの方で、掻きむしってしまって色素沈着したという方は多いと思います。

 

それはカスターオイルを使えばきれいに治ります。カスターオイルは天然のものなので、アトピーの方でも大丈夫だと思います。

 

うちの子は、合わないものを肌につけると痒がるのですが、これは平気でした。お尻などが色素沈着で水玉模様みたいになって困ったという方におすすめです。

 

参考:掻き跡の色素沈着を28日間で消すカンタンなスキンケア