肌の色素沈着

picture
肌が黒くなっている時に洗ったけど落ちないという場合は色素沈着を起こしてしまっています。

 

色素沈着を起こしてしまうと肌が汚れていて不衛生に見えてしまうので周囲の人に与える印象は悪くなってしまいます。

 

肌の色素沈着はいろいろな原因によって起こってしまうものなので対策していくにはしっかり把握しておく必要があります。

 

そこで肌の色素沈着が起こってしまう原因を見ていく事にしましょう。

 

肌の色素沈着が起こってしまう原因としてまず挙げられるのが紫外線を浴び過ぎてしまう事です。

 

紫外線を浴び過ぎてしまうと肌を反故するためにメラニンが大量に生成されてしまいます。

 

メラニンが大量に生成されてしまうと肌の色素沈着が起こってしまいシミや黒ずみが出来てしまいます。

 

日常生活に中で肌が外部からの刺激を受けてしまう事が多いです。

 

特に普段着ている服が自分のサイズよりきつめだと歩いている時などに着ている服と肌の間に摩擦が起こってしまい刺激を与えてしまいます。

 

肌に刺激は加わり続ける事によって色素沈着が起こってしまいシミや黒ずみが出来てしまいます。

 

ニキビやアトピー性皮膚炎が原因で肌の色素沈着が起こってしまう事もよくあります。

 

ニキビが出来てしまう部分が肌のターンオーバーが乱れているので保護しようとしてメラニンが生成されやすくなってしまいます。

 

またアトピー性皮膚炎になってしまうと肌の免疫力が低下して湿疹も酷くなるので保護しようとしてメラニンが生成しやすくなってしまいます。

 

特にニキビやアトピー性皮膚炎が解消された時に色素沈着を起こしてシミや黒ずみが出来てしまっている事が多いです。

 

肌の色素沈着が起こってしまうのを防ぐにはまず紫外線対策が重要になってきます。

 

紫外線をしっかり対策しておけば肌に受けるダメージも少なくなるのでメラニンも生成されなくなります。

 

日焼け止めクリームを塗るのはもちろんですが、外出する時に日差しに当たらないようにしたり部屋の中にいる時は窓ガラスにUVカットフィルムを貼るなどの対策をするといいでしょう。

 

ニキビやアトピー性皮膚炎になってしまうのは肌の乾燥が原因になっているので乾燥させないようにするというのも肌の色素沈着が起こってしまうのを防ぐ事にも繋がっていきます。

 

クリームや化粧水を塗って肌を保湿させていくと免疫力が高まってきて乾燥しなくなってきます。

 

それでニキビやアトピー性皮膚炎になってしまうのを防ぐ事も出来るのでメラニンが生成されなくなり肌の色素沈着も起こらなくなってきます。

 

参考:掻き跡の色素沈着を28日間で消すカンタンなスキンケア