色素沈着 コンプレックス

picture
幼い頃からアトピー体質だった私は、物心ついたときには「肌がきれい」と言われることは諦めていました。

 

母に連れられて皮膚科に何軒も通い、薬はもちろんのこと、効果があると言われるあらゆる民間療法を試していました。

 

小学生までは肘や膝などの関節に年中アトピーが出ている状態、中学生や高校生になって少し治まったものの、半袖や短パンを履くときは必ず肌の状態をチェックしないと外に出ることができませんでした。

 

大学生、社会人ともなると必要に迫られて化粧をするようになり、これまで身体だけにできていたアトピーが顔や首にも出るようになりました。

 

ただれているような状態になったり、乾燥で粉をふいたりとごまかせる範囲ではなくなり、人に会うことはもちろん、外に出るのも嫌で仕方がない時期がありました。

 

皮膚科に行って処方されるのはステロイド入りの塗り薬で、外見上アトピーと気づかれることがほとんど無くなった現在も使用しています。というのも、あまりに子供の頃から身近なものだったので、逆に何が問題視されているのかを大人になるまで理解していませんでした。

 

今でも私にとっては確実に症状を和らげてくれるもので、特にひどい症状が出たときはスピーディに対応できることで「汚い肌を見られる」というストレスから解放してくれる欠かせないものです。

 

ただ、これが副作用なのかはっきりとは分かりませんが私は首や脇に色素沈着があります。

 

首は横の線が目立ちますし、脇も線と黒ずみがはっきりとわかります。どちらも痒いと思った時にすぐ手が伸びるので掻いてしまっていた部分で、掻くことでアトピーが出て、ステロイドを使用するというのを繰り返していました。

 

特に脇はとても人様に見せられないので夏にタンクトップや水着を着ている人を見ると心底うらやましくなります。

 

しかしもう長くこの身体と付き合ってきたので諦めのような気持ちもありました。

 

でも「もっと改善したい」と思い立ったのが結婚し、ウエディングドレスを着ることになったときです。試着をしたときに見える自分の肌の汚さに愕然としました。

 

主人にはもちろん、友達にも見せたくないと思い悩んでいたときに「みんなの肌潤糖」を知り、何でも試してみようとお試しから始めました。

 

刺激に弱い肌でもまったく問題ありません。大体の化粧水やクリームで沁みる私が問題なくトライすることができました。

 

使ってすぐに実感できたのは皮膚がやわらかくなったことです。顔も首も脇もそれまで体験したことないほどやわらかいと感じました。

 

諸事情で一旦使用をやめていたので色素沈着への影響は分かりませんが、また近いうちに挑戦してみようと思える商品です。

 

参考:http://xn--w8j616m5o0a.com/